--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 06. 09  
去る6月7日日曜日は、第152回スペシャル勉強会を開催しました。
講師は、群馬からお越しいただきました、渡辺照子コーチでした。
渡辺照子コーチは小柄ですが、歯切れの良い自己紹介からスタートしました。

IMG_1757.jpg


今日のメインテーマ「ソリューションフォーカス」についてのお話です。
これを提唱したのは、「スティーブ・ディシェーザー」「インスー・キム・バーグ」のご夫婦です。
このご夫婦は「家族療法センター」を経営しており、夫婦仲が悪い方のためのセラピーを行っていました。
このセラピーの中にソリューション・フォーカスを取り入れたところ、セッションの回数が激減したそうなのです。

一体、どういうことなのでしょうか???

セラピーの内容は、夫婦仲の悪い方たちに、お互いの嫌いなところを26個あげてもらうのです。
夫婦仲が悪いわけですから、嫌なところは沢山出てくるのです。
そして、次にこう言うそうです。
「その欠点を家に帰ってからも、ずっと観察し続けてください。」

そうすると、次にセッションに来られるときは、
夫婦そろって「もうセラピーは不要です。」と言って帰られるのだそうです。

一体、何が起きたというのでしょうか???
IMG_1759.jpg
色めがねをかけてみました。



例えば、「主人はいつも荷物を私に持たせてばかりで、自分ではちっとも持ってくれない。」という不満を持つ奥様がいたとします。
それで、いつもそのことを観察し続けていると、ある時ご主人が自分では重い荷物を持ち、軽い荷物を奥様に持たせたとします。
奥様は「重い荷物は自分で持って、軽い荷物を私に持たせてくれたんだわ。意外と優しいのね。」と気付くことができるのです。
そうすると、嫌いだと思っていた欠点が少し、違って見えるようになるのです。

つまり、「問題だ!」と思っていたことが、さほど重要な問題でなくなるのです。問題が解決したわけではないのですが、
「問題だ」と思っていた状態は解消してしまったのです。

ソリューション・フォーカスとは、

悪いところを突き詰めて、原因を探す「問題解決」ではなく、うまくいっているところを見つけて、それを増やす「解決志向」のことをいうのです。

そんなお話を聞いたあとで、参加者みんなでいろんな体験をしました。

IMG_1769.jpg

●プラスのめがねをかける。
●OKメッセージ


誰でもできる「ソリューション・フォーカスコーチング」
これは、簡単、誰でも今日からできます。

IMG_1762.jpg
誰でもできるソリューション・フォーカスコーチングの「OSCARモデル」を参加者が体験しました。


私も、今までの自分を振り返り、反省することが沢山ありました。
どんなに腹が立つことでも、少し落ち着いて、その中から「小さな良いこと」を見つける癖を
つければ、人生がもっと楽になれると思いました。

懇親会は新天町のドトールで行いました。こちらも話が尽きませんでした。
IMG_1771.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

jcafshibu

Author:jcafshibu

最新コメント
フリーエリア
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。