FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 01. 26  
 1月22日 ココロンで、開催の 本間正人氏の講演会が終了しました。
福岡支部には、これまで何度も講演を頂いて、コーチングの普及、コーチングのスキル、
研修のやり方と、多くの刺激を与え続けて貰っております。

 6人グループの島を5つ作り、ファシリテーション形式で、各々のグループがコーチングや周辺領域の質問を考えて、本間氏が答えるという進行でした。
 ただ、ここにミソがあり、質問に単純に答えるのではなく、参加者に考えさせながら、ある時は質問に対して、どう考えるかをコーチングセッションの様に問い直す場面があっったり、質問の中に有ることを、二人組を作り
「私にとってのせいか?」というセッションを組み立てられたりしました。

 そして、多くの書籍を世に送り出されているので、いろいろな考え方を尊重しながら、レクチャーもされるという多層多重の構造の講演となりました。

 コーチングに出会ったばかりの方、プロのコーチにとっても、各々が持ち帰ることが多かったように感じています。
 
 「コーチとしてのレベルをどうやって知ることができるか?」というあるグループからの質問には、
更にグループ事に討議をして、その意見を集めながら、レクチャーも含めながら、大いに刺激を受ける部分でした。

 ファウンデーションに係わる 自己肯定感の話は、コーチとしての成長は、自分が成長する事でもあり、
それ以前にテーマになった成果の話と見事に連動するという展開になっていました。

 私自身は、その講演のやり方、構造のつくり方が、一番興味があり、
最後に「ヒューマン・ウェア」人間の可能性を開くテクノロジー、内なるフロンティアにコーチングが向かっているというまとめの部分が印象的でした。

 絶妙な語り口と、一人芝居の旨さ、味わい深い言葉がちりばめられて、
引き出しの多さと、その引き出しがするすると開く本間氏に毎回のように驚かされています。

 また、福岡支部に来てくださることを楽しみにしております。

 
プロフィール

jcafshibu

Author:jcafshibu

最新コメント
フリーエリア
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。